卒業生の活躍

押野紗穂 2017年抱負 (tennis net)配信版

タイトル 慶大 押野紗穂が抱負 独占インタビュー〈テニス〉 (押野選手以外は文章を省略・tennis365.netからネット上にて配信されたものを投稿しております)

(右の女性 押野紗穂選手)

慶応義塾大学体育庭球部の押野紗穂選手は19日、tennis365.netの独占インタビューに応じ、2017年シーズンを振り返った。

【慶大 独占インタビュー第1弾】

慶応義塾大学体育庭球部3年 主将 

プレースタイル:右利き(両手バックハンド)

2017年シーズンを振り返って

「自分自身1年を通して、怪我の多い年でしたが、課題としていたダブルスで全日本学生テニス選手権(インカレ)と全日本学生室内テニス選手権(インカレ室内)で準優勝できたのは良かったです。ただ、シングルスであまり勝てなかったので、終わったことは一度忘れて来年につなげるようにしたいと考えています」とインタビューでは述べている。また主将としての意気込みとチームの強みについても質問に答えている(ここでは省略)

2018年シーズンの目標

「個人戦は全日本学生テニス選手権(インカレ)なので1大会だけでなく勝ち続けること、国際大会にでて世界ランキングを上げていくこと、全日本選手権大会でもトップに入れるように頑張りたいです。チームとしては日本一を目指して頑張りたいです。人間性を養いたいという点では、社会に出た後につながるような勉強にもなっているので、勝つだけでなく人間的にも成長できる部を作るのが目標です。」以上tennis365.netさんのをそのまま抜粋しました。

KCJとしては、押野紗穂選手を9年間、成長を見続けてきており、特にインタビューではテニスの強さの抱負や目標だけではなく、我々スタッフが心掛けている子供たちの目標である、人間性(1人1人の意志・主張・責任感・優しさ・感謝の気持ち等)を述べていることをお教えてきたことに対してそういう一言をインタビューで彼女が伝えていることに我々スタッフは感謝しております。立派に成長をしたんだなと実感しております。

今後の彼女達や卒業生達の躍進が我々スタッフの力となるでしょう。卒業生達も我々スタッフは応援し続けます。押野選手今年も頑張って。

 

 

丹下選手 KCJ卒業後の戦績 2017

KCJのWorldTourクラス選手の戦績

2017.3 全国選抜高校テニス大会 シングルス 5位

   東京都ジュニア(関東予選) シングルス ベスト4/ダブルス ベスト4

2017.5 東京都高等学校テニス選手権(インターハイ予選) シングルス 準優勝/ダブルス ベスト4

2017.6 関東高校テニス選手 シングルス 優勝/ダブルス ベスト8

2017.7 関東ジュニア シングルス 出場/ダブルス 優勝

2017.8 全国高校総体(インターハイ) シングルス 3位

            全日本ジュニア ダブルス ベスト8

   日韓中ジュニア交流試合 (日本代表選手として出場)

2017.9 ITF兵庫国際 ITFG4 シングルス ベスト16/ダブルス 優勝

2017.10 東京都高等学校新人テニス選手権 シングルス優勝/ダブルス準優勝

             ITFジャパンオープンジュニア ITFG2 シングルス ベスト4/ダブルス 1R